縦線

unit

ダニーシュエッケンディックカルテットfeaturing小濱安浩

エネルギッシュでダイナミズム溢れるダニーのオリジナルを中心に演奏する 「ダニーシュエッケンディックカルテットfeaturing小濱安浩」 人種、国境も超えたダニーの音楽はここ日本で素晴らしい仲間たちとの共演により更に極められた音となり、聴く者全ての魂に響く!

  • 小濱安浩 小濱安浩
  • 小濱安浩(sax)

    日本福祉大学在学中より多くの先輩達に影響を受けながら、独学で楽器をマスター。 滝野聡(Gt)原朋直(Trp)上村信(Bass)等と共にライブ活動をはじめる。 1989年C.U.G.JazzOrchestraを結成。 1993年より7年に渡り、村田浩バップバンドに参加。全国的に活動する。 現在は自己のカルテット、池田篤、Jay Thomas等とのクインテット、セクステット、藤山”ET”英一郎セッション、C.U.G.Jazz Orchestra等を中心に、数々のセッション等で活動中。

  • ダニーシュエッケンディック ダニーシュエッケンディック
  • ダニーシュエッケンディック(p)

    アメリカ、ジョージア州アトランタ生まれ。 芸術的素養豊かな家庭環境で13歳頃からJazzに親しみ、独学でドラムやピアノのレッスンをはじめる。 物理学者を志し、ジョージア州立大学からUCB(カリフォルニア大学バークレー校)応用物理学科に転籍、しかし在学中にJazzへの想いを深めPianistの道を選ぶ。(セッション・ミュージシャン時代は、サンフランシスコ摩天楼のエリート・ビジネスマンとしての一面も。) 26歳でプロデビュー。サンフランシスコ~西海岸でのライブ活動を皮切りに、 コンコード・ジャズ・フェス出演、ヨーロッパ、ジャパン・ツアー※ を通じ、各地で高い評価を得たのち、 名古屋のジャズ・クラブからの演奏招聘により 1988年から日本での演奏活動を開始。 ※当時の共演アーティスト… Faye Carol(vo)、Jimmy Witherspoon(vo,g)、R...

  • 権上康志 権上康志
  • 権上康志(b)

     1985年 山口県出身  16歳でコントラバスを手にし  当時参加した近藤大地氏  バリーハリス氏らの  ワークショップをきっかけに  ジャズを志す ジャズベースを木村知之氏 クラシック奏法を坂倉健氏に師事 大阪音楽大学ジャズコース在学中より演奏活動を開始しオテロ・モリノー(スチールドラム) エディ・ヘンダーソン(tp) ルイス・ナッシュ(dr)らトップミュージシャンと共演 リーダーバンド「ジンジャーブレッドボーイズ」の4枚をはじめ現在までに6枚のリーダーアルバムを発表。 ジンジャー~はJAZZpage12年読者人気投票バンド部門一位を獲得。 '14年より拠点をNYに移し更なる飛躍が期待される若手ジャズベーシスト。

  • ルベンフィゲロア ルベンフィゲロア
  • ルベンフィゲロア(ds)

    ルベン・フィゲロア Ruben Ernesto Figueroa Lucero (percussion) 1963年ペルー出身 医師であり、作曲家で有名である父の影響を多大に受け、兄弟共に幼い頃から音楽に慣れ 親しむ。兄達の率いるバンドに15歳の頃より属し、ライブ・コンサートを中心に当時勢力的に 活動していた。高校卒業後、東洋医学の勉強のため日本に留学し、免許を取得する。 パーカッションニストであり、鍼灸師、スペイン語講師でもある。 ジャンルにこだわらず、民族音楽フォルクローレからラテン音楽、ジャズ、フュージョン、ロックと様々を演奏する。'97年7月に「ダニー・シュエッケンディックバンド」パーカッション担当となり、現在に至っている。