STAGE

"The East West Alliance” Jay-Kohama-Ikeda Sextet with Maya Hatch

  • ジェイ・トーマス

    ジェイ・トーマス (sax,tp)

    1949年アメリカ、シアトル生まれ。 トランペット、フリューゲルホーン、テナー・ソプラノサックス、フルートを完璧にこなす、世界に類を見ないマルチ管楽器プレイヤー。 「ダウンビート誌」より奨学金を得て、ボストンバークリー音楽大学に入学。フレディー・ハバードの指導者として著名な金管楽器の大家カーマイン・カルーソー氏に師事。 その後ニューヨークに進出しエルビン・ジョーンズソニー・スティット、ジミー・ギャリソン、チェット・ベイカー、 ズート・シムズ、チック・コリア、チャールス・マクファーソン、ビリー・ヒギンズ、ジェームス・ムーディ、ハーブ・エリス、 サル・ネスティコ、ジョージ・ケーブルス、アーネスティン・アンダーソン、ダイアン・シューア、アニタ・オディなど、華麗な共演歴を誇る。 過去の共演者の名前を挙げる...

  • 小濱安浩

    小濱安浩(sax)

    日本福祉大学在学中より多くの先輩達に影響を受けながら、独学で楽器をマスター。 滝野聡(Gt)原朋直(Trp)上村信(Bass)等と共にライブ活動をはじめる。 1989年C.U.G.JazzOrchestraを結成。 1993年より7年に渡り、村田浩バップバンドに参加。全国的に活動する。 現在は自己のカルテット、池田篤、Jay Thomas等とのクインテット、セクステット、藤山”ET”英一郎セッション、C.U.G.Jazz Orchestra等を中心に、数々のセッション等で活動中。

  • 池田篤

    池田篤 (sax)

    国立音楽大学器楽科(サックス専攻)にて石渡悠史氏に師事。並行して、ジャズを土岐英史氏、井上淑彦氏に師事。 1986年卒業後、自己のグループの他、数多くのバンドで活動した。 1990年、渡米。マーカス・ベルグレイヴ(tp)との共演を通じて多大な影響を受け、1992年には彼のアルバム「Working Together」に参加した。 1995年、帰国し日本での活動を再開し、月一回のペースでソロ・サックスの活動も始める。 1996年、初リーダー作「Everybody's Music」(King Records) を発表。

  • 平手裕紀

    平手裕紀(p)

    1994年愛知県生まれ。幼少よりピアノに慣れ親しみ、小学生からトランペットを始める。 全日本吹奏楽コンクール全国大会常勝校である愛工大名電高校で3年間トランペットを務め、名古屋音楽大学を首席で卒業。2015年からCUG Jazz Orchestraに参加。名古屋を拠点に数多くのセッションで活躍中。 ジャズピアノを水野修平氏に、トランペットを藤島謙治氏に師事。 2016年東海ビッグバンドコンテストにて最優秀ソリスト賞を受賞。

  • 島田剛

    島田剛(b)

    CUGジャズオーケストラ在籍、現在まで6枚のアルバムに参加。 同バンドで2001年アメリカ西海岸ツアー、Earshot Jazz Festival出演、地元紙で名指しで絶賛される。 2002年より、後藤浩二トリオとして3枚のアルバム発表。 幅広い音楽観と安定した技術は多くの共演者の信頼を得、また共演を熱望されるミュージシャンの一人である。 イマジネーションあふれるエモーショナルな演奏は多くの聴衆の心もつかみ、 新しさと懐かしさを感じさせる独特の作曲にも定評がある。

  • 倉田大輔

    倉田大輔(ds)

    ジャズドラマーの佐竹伸泰氏、名古屋フィルハーモニーオーケストラ打楽器奏者の三宅秀幸氏に師事。 1999年、さらなるジャズの追求のため、ニューヨークへ移住し、ジャズのみならずソウル、R&B、ラテンなど幅広い演奏活動を行う。 移住して間もなくNoah Haidu(P)のレギュラードラマーを務め、2003年1月には同グループのコンサートでゲストとして迎えたテナーサックスの巨匠Benny Golsonと共演。 2011年より再び名古屋に拠点を移し活動中。

  • マヤ・ハッチ

    マヤ・ハッチ(vo)

    1996年に地元シアトルの小学校を卒業し、家族とともに日本へ渡り4年間を東京で過ごす。そこで弱冠12歳にしてNHKのスタジオ収録に参加、2年間ヴォーカリストを務めた。同時期に地域の劇団主催のミュージカル「赤毛のアン」「FAME」でリード役に抜擢され、歌と舞台で活躍する。 2010年春よりニューヨークから日本に拠点を移し、東京を中心にコンサート活動をスタート、本格的なシンガーとして一躍注目を集める。