STAGE

森山威男カルテットwith今岡友美

  • 森山威男

    森山威男(ds)

    1945年 山梨県勝沼市に生まれる。東京芸術大学打楽器科卒業。 在学中より山下洋輔トリオに在籍、3度のヨーロッパツアーに参加 1975年、山下トリオを退団 1977年、自己のバンドを結成、日本国内はもとよりドイツ・イタリア・ソ連(現ロシア)での演奏も行う 1984年、ニュルンベルク「East-West Jazz Festival」での演奏がenjaレコードから発売 1985年、病により演奏活動をほぼ停止し療養生活を送る 1989年、演奏活動再開 1994年、自己のグループでドイツ・イタリアツアー敢行 2002年、第27回 南里文雄賞、第35回 ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞、第56回 文化芸術祭賞レコード部門優秀賞を受賞。 2003年、George Garzone,Abraham Burtonを迎えての公演を行い、『A LIVE SUPREME』を制作 2007年、レギュラーメンバーにてCD『Catch up!』とDVD...

  • 佐藤芳明

    佐藤芳明(acc)

    国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。 卒業後渡仏、C.I.M.Ecole de Jazzにてアコーディオニスト・Daniel Milleに師事。 既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドで、ライブ、レコーディング、アーティストサポート、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを越えて幅広く活動。

  • 渡辺ファイアー

    渡辺ファイアー(as)

    17歳でAlto Saxの音色に魅せられ、大学時代からBAND活動を行い、 池田聡のTOUR参加を機にプロ活動を開始。 E-Zee Band,CHAKA,バブルガムブラザーズのTOURとRecording等に参加し、 1996年にはフジTVの深夜番組「ラテン専科」にレギュラー出演。 Sax.のベルから火を放つなど傍若無人ぶりを発揮する。 1999年には大木トオル30周年ツアーに参加し、Ben.E.King、ELVIN BISHOPと共演。 FUNKを活動の中心とし、SOY SOUL,funk orchestra T.P.O.などのLive,Recordingに参加。 JAZZでは2006年より森山威男GROUPに参加。 『Central Park East』や『森山×山下』を録音。 また、自己のGROUPであるGOO PUNCH!やFire Attackの他、Leader Session、JPOPスタジオワークも多数。 GOO PUNCH!では2004年『Goo Punch!』と2009年『2nd...

  • 今岡友美

    今岡友美(vo)

    ポップスのライブ出演中にドクタージャズこと内田修氏の目にとまりジャズに転向小さな体からは想像がつかない天性の歌声と確かな歌唱力、飾らない親しみ深い人柄で人気を集めている期待のボーカリスト 「Amazing Grace」等のゴスペルやビートルズの「Come Together」までスタンダードのみならず多様なジャンルに挑戦している。