STAGE

泉沢果那ニューオリンズピアノカルテット

朗らかにご機嫌なN.O.サウンドを、楽しくパワフルにお届けします

  • 泉沢果那

    泉沢果那(p,vo)

    愛知県名古屋市出身。 3歳よりピアノを弾き始める。 歌手の祖父、ジャズドラマーの父親の影響を受け、様々な音楽に興味を持つ。 高校卒業後、アメリカ・ニューオリンズへ留学。 ニューオリンズピアノの巨匠Eddie Bo(2009年3月没)の弟子となり、彼のライヴにレギュラー出演するようになる。 Marcy Roomanに師事。 ラグダイムやブギウギなどの基礎を習得。 本場アメリカでClarence Gatemouth Brown、George porter jr等 数多くの現地ミュージシャンとセッションやライブをすることで腕や感性を磨いた。 帰国後は大阪を中心に、ギタリストの塩次伸二や山岸潤史、"ニューオリンズ・ファンクの雄" と称されるワイルド・マグノリアスらのライブやセッションに参加。 ブルースピアニスト有吉須美登に師事。 Jon cleary Trio2013 Japan T...

  • 葛城京太郎

    葛城京太郎(b)

    1998年生まれ。2010年8月1日、中学一年生の頃にひらめ きで音楽をはじめ、アコースティックギター、エレキギター、ベースの腕を磨いて行く。高校卒業と同時にベースとドラムのデュオ「Kyotaro&Rikuo」 でストリートライブをはじめ、見る者を惹きつけるその圧倒的なパフォーマンスは、動画でツイッター、フェイスブックなどのSNSで世界中でも話題に。19歳のときベースを1本持ち、単独で日本全国を周りストリートやライブハウスを練り歩く。現在もストリートパフォーマンス、ライブ、スタジオワークなど、各方面で精力的に活動中のベーシスト。

  • 大石竜輔

    大石竜輔(per)

    9歳からドラムセットを叩き始め、高校卒業後音楽学校に進学する。 音楽学校卒業後、タンバリン奏者の田島隆氏と出会い、タンバリンの表現力の高さに感動し、特にエジプトのタンバリン「レク」に心を奪われる。 トルコのモダン奏法やルーディメンツ、ドラムセットにおけるリニアドラミングやカンジーラ奏法等さまざまな打楽器の技術をレクに応用し、独自のプレイを追求している。 トルコでレク奏者のMEHMET AKATAYにレクのモダン奏法を、現地の奏者からベンディールのモダン奏法を学ぶ。 レクを和田啓氏に師事。 ベリーダンスの伴奏や打楽器アンサンブル、アーティストのサポートやレッスン、保育園や小学校等様々な施設での演奏で活動中。

  • 奥村将和

    奥村将和(per)

    10代後半から名古屋にてプロ活動開始。 ポップス系では、名古屋タレント河原龍夫バンドに所属、 冴木杏奈 、宮地佑紀生、らのステージをサポート。 20代後半からジャズの活動も開始。 ジョシュアブレックストーン、スタンギルバート、納谷嘉彦、田中洋一、和田直、後藤浩二、浜崎航、鈴木央紹、溝口恵美子、平賀マリカ らと共演。 現在はドラム、パーカッションで活動中。