HISTORY

岡崎にジャズストリートを呼び込もう

2003年12月、ライブハウスで出会った同好の士3人(同前、斎藤、菅沼)が中心となり「岡崎ジャズを楽しむ会」が発足、2004年1月会員約120名を集めた発足記念ライブが行われました。席上、同前会長の挨拶の中に「いつか岡崎で神戸ジャズストリートのような街ぐるみのジャズ・イベントができれば・・」という言葉がありましたが、当時は誰もが具現化の難しい夢物語として聞いていたのではと思います。その後「岡崎ジャズを楽しむ会」の懇親会ライブは隔月に行われ、3年間で東京、大阪、名古屋などから100名近いミュージシャンを招聘、ジャズ人口の裾野も徐々に広がっているのを実感します。

岡崎ジャズストリート発足

2006年春から岡崎を舞台としたNHK朝の連続ドラマ「純情きらり」が放映されるということで、これを機に岡崎のイメージアップをと各団体が様々な企画に取り組み始めました。ドラマの内容は「ジャズピアニストを目指す女性の物語」・・ジャズストリート実現への機会到来とばかり同前会長(初代 岡崎ジャズストリート実行委員長)が動き、2005年末、岡崎商工会議所にジャズ愛好会、地域団体、商業団体等の代表者十数人が参集、「岡崎ジャズストリート検討会」が行われました。賛否両論あったものの最終的には会場一帯となる市中心地商店街の賛同も得て、2006年1月正式に「岡崎ジャズストリート実行委員会」が開催され実現に向けての一歩を踏み出しました。


  • 1.市民主導のイベント・サポーターによる運営
  • 2.街の活性化の一端を担う
  • 3.皆が知り、皆が参加し、皆が楽しめる音楽の祭典
  • 4.市内外へ広く情報発信できる魅力ある内容
  • 5.事務局を岡崎商工会議所内に置く

会場の選定

ジャズストリートの楽しさは聴く側が演奏会場を自由に巡り、自由に選択できるところにあります。その為には対象となる会場を徒歩で移動できる範囲に集中させる必要があります。幸いにも街中の喫茶店、信用金庫、証券会社、寺院、能楽堂、医院等々・・皆さんのご協力を得て2~3月で会場がほぼ決定していきました。

演奏のスタイル

ジャズの演奏には多様なスタイルがありますが、岡崎ジャズストリートではデキシー、スイング、モダン、コンテポラリー等々幅広くミュージシャンを集めることとして4月から出演依頼を開始、6月には当日出演する300人近いミュージシャンの顔ぶれも揃い、手探り状態で始まったこの企画も徐々にその形が見えてきました。当初、懸念されたイベント・サポーターの募集もホームページや広報活動を通じて続々と応募があり9月上旬には第1回目のイベント・サポーター説明会を実施。その後、各会場の責任者や役割分担も決まり、当日に向けての準備、対応すべき諸事項についての話し合いが繰り返される中、イベント・サポーター同士の絆も深まっていきます。

今まで行われたイベント内容をご覧になれます。

2006年(第1回)

市街メイン通りを神戸や東京のデキシー・バンド、岡崎市消防音楽隊などが行進、沿道には人が溢れ、第1回目にふさわしい華やかなオープニングとなった。

map_info

2007年(第2回)

初日の夜に行われたスーパー・セッションは東西のトップミュージシャンが出会う岡崎ジャズストリートならではの企画、その白熱するインタープレイに観客は酔いしれた。

map_info

2008年(第3回)

ジャズを楽しむ人々の表情や、街がジャズで賑わう様子を記録として残すという意味合いもあり、フォト・コンテストを開催、数百点の応募があった。

map_info

2009年(第4回)

この年、本部が従来の篭田公園からシビコ西広場に変更されたのに伴い、オープニングパレードも図書館前からプロムナードを行進することになった。また新たな会場として前年オープンした岡崎市図書館交流プラザりぶらホールも加わり、演奏会場の充実が計られた。

map_info

2010年(第5回)

この年、第1回から岡崎ジャズストリートを牽引してきた同前慎治実行委員長が会長に、そして新たな実行委員長として白井宏幸氏が就任。

map_info

2011年(第6回)

3月11日、東日本を襲った未曾有の大震災により被災された皆様のお役に少しでも立てればと、4月3日籠田公園にて「岡崎ジャズストリート東日本大震災救援チャリティコンサート」を実施。参加ミュージシャン約50名、来場された多数の方から義援金が寄せられた。

map_info

2012年(第7回)

2011年に東日本を襲った大震災の被害からようやく立ち直りを見せた社会情勢も鑑み、岡崎ジャズストリートは従来通り2日間開催の形へ戻ることとなった。

map_info

2013年(第8回)

第1回目から毎年出演してくれている花岡詠二スウィングオールスターズ、三木俊雄クインテット等に加え、 今年で3回目の出演となった若き男性コーラスグループのジャミンゼブも、いよいよ岡崎ジャズストリートの顔となってきたようだ。

map_info

2014年(第9回)

あいにくの雨模様となった今年の岡崎ジャズストリートは恒例となっているオープニングパレードも中止となり、やや不安げなスタートだったが、いざ始まってみれば例年を上回る多数のお客さんが押し寄せ、どの会場も興奮の渦が巻き上がる素晴らしい内容となった。

map_info

2015年(第10回)

記念すべき10周年を迎えて、7月には竜美ヶ丘会館で新しいイベントとしてスペシャルジャムセッションが行われた。本イベント2日目は2014年に続いての雨となってしまったが有料の13会場には入場制限が行われた会場もあったほど大盛況だった。

map_info

2016年(第11回)

新しい10年のサイクルの1年目として、新しい岡崎ジャズストリートをテーマに、初出演のアーティストを多数招待して行われた。2日とも好天に恵まれ有料会場・無料会場とも多数の来場者で溢れた。

map_info

2017年(第12回)

5年ぶりとなるジャズヴォーカルコンテストを開催、全国から集まったヴォーカリストの競演が好評を博し、本イベントでは中部美容専門学校など新しい会場を加えて、多くの初参加アーティストを招いて行われた。

map_info

2018年(第13回)

前夜祭が初めてララシャンスOKAZAKIで行われた。有料会場には住友生命が新たに加わり11会場で開催され、籠田公園が改装により使えないため本部が移動するなどしたが、 2日間多くの人出で賑わった。

map_info