ARTIST

パンフレットをダウンロード

Gumi

Gumi

3歳よりバイオリンを始める。篠崎 功子氏ほかに師事。
中学、高校時代の3年間をドイツで過ごし、現地のインターナショナルスクールでアメリカン・カントリーバンドやミュージカルでの演奏を手がける傍ら、駅前の路上演奏を通じて、ジプシー、アイリッシュなど、ヨーロッパの大衆音楽に触れる。
大学、OL時代はロックバンドでボーカル、キーボード、ドラムを担当。独立後はブライダルや式典などで、バイオリン演奏のプロ活動を開始。ジャズバイオリンの巨匠ステファン・グラッペリの影響を受けて、ジャジーな奏法を手がけるようになる。
2014年にはフランスにて現地のジャズバンドと共演およびソロ路上ライブを果たす。
2016年10月 オリジナルCD「虹〜涙のあとに〜」を発売。各地でプロモーションライブを開催。
2018年1月 「おっく」こと、奥山尚佳氏のワンマンライブ、サポートとして、名古屋ブルーノートに出演。
現在は、ジプシースイング、ジャズスタンダード、ヨーロッパの民俗音楽などを中心に、「ハードロックから演歌まで」オールジャンルで活動中。
語るような表現とエンターテイメント性が好評を得ている。

ホームページ

MOVIE

出演ステージ

1日目

  • 出演がないか、未定です。

2日目