ARTIST

大槻“KALTA”英宣

大槻“KALTA”英宣

1970年東京都新宿区に生まれ、5歳からは神奈川県横浜市にて育つ。
3歳から電子オルガン、7歳からクラシックピアノ、10歳からドラムを始める。
学生時代からプロドラマーとしての活動を開始し、ジャンルを問わず様々な
バンドを経験する傍ら、20歳の時にはドラム・インストラクターとしても
活動を始めた。(現在は退任)

20代中盤以降は、並行して作編曲家・プロデューサーとしても活動を始め、
ゲームソフトの音楽・効果音制作からプログラミング、ゲーム音楽等の
アレンジ版CD等の制作、各種CMや企業PV等の音楽制作、そしてJ-POPSへと
活動の幅を広げ、時には作編曲のみならず作詞までをも手掛けてきた。
2002年には「島谷ひとみ」の「亜麻色の髪の乙女」の編曲者として
日本レコード大賞・金賞を受賞し授賞式にも出席した。

作編曲業と並行して「田中信正(pf)/KARTELL」や「金子雄太(org)/AQUAPIT」
でドラマーとして活動を続けた流れから、小沼ようすけ(gt)や太田剣(sax)
と活動を共にするようになり、各アーティストのCDに参加したのをきっかけに
ドラマーとしての活動が再び活発になる。この時期から他にもTOKU(vo.flh)、
神谷えり(vo)、akiko(vo)、里見紀子(vln)、クリヤマコト(pf)等のジャズ・
アーティストとセッションを重ねる他、ライムスター(rap)、keyco(vo)、
UA(vo)、七尾旅人(vo)、畠山美由紀(vo)、等ポップ・アーティストのライヴや
レコーディングへの参加もしている。

2005年にはTOKU・小沼ようすけ・日野賢二・秋田慎治と「TKY」を結成。
フジロックフェスティバル、情熱大陸サマータイムボナンザ、東京ジャズ、
をはじめ、日本全国の音楽フェスティバルに出演。アルバム「TKY」リリース。
同時期には野崎良太(key,prog)率いる「JAZZTRONIK」や、太田剣(sax)の
カルテット「SWINGROOVE」を中心に多数のグループでレギュラードラマー
として演奏家の活動が活発化。憧れのギタリストである渡辺香津美さんの
グループにも参加し、各地方のジャズフェスティバルや都内でのスペシャル
ライヴに参加するに至る。

ホームページ

MOVIE

出演ステージ