ARTIST

パンフレットをダウンロード

マヤ・ハッチ

マヤ・ハッチ

1985年8月18日、シアトル生まれ。

13歳の時、TBS系列のオーディション番組「チャンスの殿堂!」で約14,000人の中から選び抜かれた4人のうちの1人として6ヶ月間に渡りお茶の間に登場。

2009年ファーストアルバム「My Foolish Heart/マイ・フーリッシュ・ハート」でジャズ・シンガーデビュー。

2010年、BSフジの人気番組「Beポンキッキ」に歌のお姉さんとしてレギュラー抜擢。

2012年R&Bフレイバーを取り込んだ斬新なセカンドアルバム「Li’l Darlin/リル・ダーリン」をリリース。

2013年にはジャズ・ベースの巨匠、ロン・カーターとの共演を果たし、その他にもジャズ・フュージョンベーシスト、リチャード・ボナなど、日本を代表するラッパー、ZEEBRAとも共演。

最近はEXILE ATSUSHIやスガ シカオのバックコーラスを務め、更に2016年、EXILE ATSUSHIと札幌ドーム公演でデュエットを果たす。

LUX・スーパー・リッチ・シャンプー、ドコモGalaxy Note Edgeなど、多数のCMソングに起用され、映画「チア☆ダン」、「心が叫びたがってるんだ。」、テレビドラマ「ブラックリベンジ (日テレ・2017)」、「アシガールSP (NHK・2018)」のテーマ曲や挿入歌を提供し、また劇場版「信長協奏曲」のサウンドトラックへの楽曲提供など、活躍の場を広げている。

現在は公私ともにパートナーであるラッパー、MC BOODAHと二人組のR&B/Hip-HopユニットUnMe(運命)を結成、2019年1月にファースト・シングル「The Sky Told Me/ザ・スカイ・トールド・ミー」をリリース。

最新シングル「Fly Away」は、数多くのヒット曲を生み出してきた伝説的なR&Bシンガー・ソングライターであるBabyfaceとのコラボレーション。

様々なジャンルを幅広くこなす実力派シンガーとして注目を集めている。

ホームページ

MOVIE

出演ステージ